本当に安全?危険?オンラインカジノの仕組みとライセンス

  • 2021-05-09 10:28
本当に安全?危険?オンラインカジノの仕組みとライセンス

オンラインカジノの仕組み

日本でもカジノ法案が成立し、いよいよ国内でカジノを楽しめる時代が到来しようとしています。 そのためか、このところオンラインカジノの人気が高まっているようです。 この記事では、オンラインカジノの仕組みや安全に遊ぶために必要なことを分かりやすく解説します。

オンラインカジノはライセンス制

海外のオンラインカジノは、国の政府機関からライセンスを取得し合法的に運営されています。 審査の主な内容は
  • 経営者の背景
  • 公正・公平なゲームを提供しているか
  • ユーザーの預金の安全性、個人情報などのセキュリティは万全か
  • ユーザーの入出金に迅速に対応できるシステムを構築しているか
  • ユーザーへのサポート、サービスを高レベルで提供しているか
  • ギャンブル依存症対策
  • マネーロンダリング対策
  • 運営会社の会計は問題がないか
    • などです。 さらにライセンス発行料も高額なため、必然的に資金力のある優良企業しかオンラインカジノを運営することができません。 たとえば、業界大手であるジャックポットシティの親会社や、ブックメーカーとしても有名なウィリアムヒルは、ロンドン証券取引所に上場しているほどの超優良企業です。

      主要なライセンス発行国

      現在、様々な国がオンラインカジノのライセンスを発行していますが、国によって信頼度の高さが違います。 EU系のライセンスは取得基準が特に厳しく、中南米系はアジア系はやや甘めといった感じです。 以下に、主要なライセンス発行国と特徴などをまとめました。

      マルタ

      マルタ共和国のMGA(マルタゲーミング委員会)は、業界で最高峰の信頼度を持つと評価されています。 審査の厳しさもさることながら、サイト内のゲームでは必ずRTP(リターン・トゥ・プレイヤーズの略で還元率のこと)の表示が義務づけられています。 したがって、MGAのライセンスを持っているオンラインカジノならまず外れはありません。 MGAのライセンスを持っているカジノには、ラッキーニッキー、ギャンボラ、カジノシークレットなどがあります。

      イギリス

      イギリスといえばブックメーカー発祥の地ですから、多くの有名オンラインカジノやブックメーカーが生まれています。 また、ライセンス機関の審査が厳しいことで有名です。 2005年に設立されたUK Gambling Commission(英国賭博委員会)のライセンスを持つカジノには、ジャックポットシティ、32redカジノ、888カジノなどがあります。

      マン島

      グレートブリテン島とアイルランド島に囲まれたマン島は、オートバイレースでも有名ですが、1962年にマン島ギャンブル監査委員会が設立されています。 マン島のライセンスを取得しているカジノには、オンラインポーカーで圧倒的なシェアを誇るポーカースターズなどがあります。 ライセンス発行料が高いため、新興カジノは少ないですが、マン島のライセンスを持っているカジノは運営歴が長く信頼性が高いといえます。

      ジブラルタル

      スペイン半島の南に位置するジブラルタルはイギリスの領土であり、ジブラルタル賭博委員会(GBGA)はMGAと並んで業界最高峰の信頼度を誇ります。 ライセンスを取得しているカジノは、bet365,ウィリアムヒル,ロトランド、32redなどそうそうたる顔ぶれです。

      キュラソー

      キュラソー eゲーミングライセンスは、上記のEU系ライセンスと比較すると審査がやや甘く、過去には出金拒否などのトラブルを起こしたサイトもあります。 そのため、一時は安全性に問題があると言われていましたが、現在では審査が厳しくなり業界内での格付けは上がっています。 また、暗号資産などへの対応が早かったこともあり、ベラジョンカジノ、10bet、チェリーカジノなど大手がキュラソーのライセンスへ切り替えています。

      その他のライセンス

      アンティグア(Antigua Barbuda)

      1994年に世界初のオンラインギャンブルライセンスを発行しました。しかし、アメリカのオンラインギャンブル禁止法案の影響を受けて、現在はマイナーライセンスになっています。

      オルダニー島(Alderney)

      イギリス海峡にあるのですが、ライセンス発行事業では他に遅れを取っています。

      フィリピン:PAGCOR(パグコー)

      アジア系のオンラインカジノへ多数のライセンス発行を行っていましたが、フィリピン政府のライセンス発行禁止令を受けて、現在は新規申請の受付を停止しています。

      カナダ:KAHNAWAKE(カナワケ/カナワキ)

      ライセンス発行の費用が比較的安価であったため、新興カジノを中心に人気がありましたが、ライセンスを与えたカジノのポーカー不正疑惑がきっかけで現在はやや勢いをなくしています。

      注意が必要なライセンス

      中南米のライセンスは、キュラソーをのぞくと信用度はかなり落ちます。 以下のライセンスを取得しているオンラインカジノは、利用を控えた方が無難です。
      • ベリーズ
      • パナマ
      • コスタリカ

      オンラインカジノ業界の主要機関

      オンラインカジノは、ゲームの開発から決済まですべてを単体で提供しているわけではなく、様々な機関と協力して運営しています。 オンラインカジノ業界の構造 主要機関の役割について、順番に説明します。

      主な決済会社

      オンラインカジノで遊ぶためには、キャッシュを入金・出金する必要があります。 この役割を担っているのが、決済代行会社です。 主な決済会社には、以下があります。 ecopayz VenusPoint iWallet また、自社で仮想通貨の決済プラットフォームを作り、プレイヤーの利便性を高くしているカジノもあります。

      主なオンラインカジノ会社

      ユーザーへ様々なゲームを提供し、サイト内で簡単に決済を行えるようインフラを整えているのが、オンラインカジノの運営会社です。 日本人に人気の高いオンラインカジノには、ジパングカジノ、ベラジョンカジノ、FlutterEntertainmentなどがあります。

      ソフトウェア会社

      オンラインカジノへスロット、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどのゲームを提供しているのが、ソフトウェア会社です。 ソフトウェア会社の数は、大小合わせると数百社以上にものぼります。 その中でも、多くのオンラインカジノに導入されている会社をいくつか紹介します。

      MicroGaming

      老舗中の老舗。史上最大のジャックポット24億円を出した「メガムーラ」など、デザインはやや古めだが宝くじ並みの大当たりが期待できるスロットが多いです。

      Playtech

      世界17ヵ国にオフィスを構え、ロンドン証券取引所にも上場している業界大手。主にジパングカジノ系列で遊ぶことができます。

      EvoluationGaming

      ライブカジノに特化しており、圧倒的なシェアを誇っています。 バカラ、ルーレットなどの定番ゲームの他に、一攫千金を狙えるモノポリーなどもあります。

      Play'n GO

      「ムーンプリンセス」「ブックオブデッド」など、多くの大ヒット機種を次々に生み出してきました。特に、落ちもの系ゲームの開発を得意としています。

      監査機関

      オンラインカジノにゲームを提供するためには、監査機関からライセンスの発行を受けることが義務づけられています。 主な監査機関には、eCogra(イーコグラ)、TST(テクニカル・システムズ・テスティング)があります。 カジノゲームは、RNG(ランダム・ナンバー・ジェネレーション)という乱数発生器を使っているのですが、監査機関では申請されたゲームに対して膨大なゲーム数を試行して「意図的に出目を操作できる仕様になっていないか?」「イカサマはないか?」「公開されている還元率は本当か?」などを調べます。

      違法なオンラインカジノも存在するので要注意

      オンラインカジノを選ぶ際に、必ず注意しておくべきことはライセンス表記の確認です。 優良サイトなら、必ずページの下部に登録ライセンスのバナー、証明書へのリンクを貼っていますし、登録番号も公開しています。 違法なオンラインカジノは、これらを隠しており、そのようなサイトへ間違って登録するとと賞金の不払い、個人情報の漏洩などの被害を受ける可能性があります。 また、意図的に大当たりを出さないようにソフトウェアを改ざんしているかもしれません。 登録前に、必ずライセンスを確認するようにしてください。

      オンラインカジノとインカジの違い

      オンラインカジノについて、日本のインカジと混同し間違った知識や先入観を持っている人がいます。 最初に結論からいうと、オンラインカジノとインカジはまったく別物です。 その点について、説明します。

      インカジは完全に違法!

      これまで紹介してきたように、オンラインカジノは国から認可を受けた合法的なギャンブルです。 しかし、日本国内のインカジは運営、遊戯ともに完全に違法です。 多くのインカジでは、合法的なオンラインカジノを使い、店舗が所有しているアカウントをお客に貸して遊ばせています。 「オンラインカジノが合法なら、インカジで遊ぶのは違法行為に当たらないのでは?」と思うかもしれませんが、それは違います。 インカジは、賭博罪の「常習賭博及び賭博場開帳等図利」に当たるのです。 摘発時に店内にいれば、お客も逮捕されますから絶対に手を出さないようにしてください。

      まとめ

      今回は、オンラインカジノの仕組みやライセンスについて説明してきました。 また、インカジとの違いについてもご理解いただけたと思います。 オンラインカジノは、正しい知識を持っていれば安全に遊べるギャンブルです。 ぜひ、サイト選びの参考にしてください。